Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ビジネスクレジットカード

【クレジットカード審査の甘辛とは?】ビジネスカードの審査が甘い、厳しいというのは、そもそもズレているということに気づいて!

こんにちは

クレジットカードのことを知れば知るほど、使えば使うほど、クレジットカードに対する認識が根本的にズレていると、確信したゆずきです。

他のクレジットカードを紹介しているサイトでは、クレジットカード発行で【甘い、厳しい】と説明しています。

 

しかし、【甘い、厳しい】いう説明のそのものがズレていると、私は考えています。理由をこれから話していきます。そもそも、あなたがクレジットカードがほしいのはなぜでしょうか?

クレジットカードとはどんなことができるのか、まずは基本的な役割を振り返ってみましょう。クレジットカードは小銭なお札を持たずに支払いができることです。

1000円札、5000円札、10000円札や1円、5円、10円、100円、500円などの小銭や札が不要です。クレジットカードという1枚5グラム程度の非常に軽いカードで、平均100万ほどの価値が含まれています。最低10万から上限はなしです。

 

限度額が300万円もあれば、上位のクレジットカードです。よくよく考えてみると、一人の人間が小銭や札を持たず、クレジットカードというカード1枚で支払いできるのは、非常に貴重なことです。

なぜ、私たちはクレジットカードを利用できるのでしょうか?

理由はクレジットカード発行会社はクレジットカードを発行しても、代金を回収できる確率が高い人に発行しているからです。

回収できる見込みが低いなら、お店でクレジットカードを導入することもなく現金決済だけになるはずです。

 

クレジットカードに対する信頼感(クレジットカード会社:決済会社)、クレジットカードを決済できる決済代行会社、クレジットカードを所有している個人または法人への信頼があってこそ、決済手段としてクレジットカードが導入されています。

 

信頼が成り立っているのは、それぞれに対して【審査】というプロセスがあるからです。決済代行会社があってこそ、お店でクレジットカードや電子マネー決済が利用できます。

 

もし、【審査】がなくてだれでもクレジットカードを利用できたり、どんな店でもどんな会社でもクレジットカードを導入できたとすると・・・どうなるでしょうか?毎月支払いが遅れるクレジットカード利用者がいる。

毎月支払いが遅れるとAクレジットカード会社の立替が、毎月増えます。

Aクレジットカード会社の業績が落ち込んでいきます。当然資金繰りが悪化します。

Aクレジットカード会社は徐々に決済代行会社への手数料の支払いが滞ります。

決済代行会社は手数料が入ってこないなら、Aクレジットカードの取扱を終了します。

結局、困るのはクレジットカードを利用している個人や法人です。お互いが困らないように、【審査】が必須となっているわけです。

 

あなたに収入もなく住所も定まらず、電話もなく申込み書に嘘の内容を記載する人だったら、あなたなら信頼できますか?決済代行会社がたくさんあります。

とはいえ、上記の流れが繰り返されると導入してくれる決済代行会社が減少していくので、Aクレジットカードは利用されなくなります。

 

そもそもですが、クレジットカード会社そのものがお店で直接、決済業務をしているわけではありません。お互いが信頼し合うことで成り立っているしくみです。だれか一人が裏切ったら成り立たないしくみですね。

 

審査が甘い厳しいというのは、信頼が甘い、厳しいと言い換えることができます。信頼が甘くなれば、クレジットカード決済そのものが利用できなくなります。厳しすぎても、利用できる人が少なくなりすぎるので、クレジットカード会社も決済代行会社も運営できなくなります。

【甘い、厳しい】ではなくて、審査基準にあるかどうかの1点だけを分析することだけが重要です。クレジットカード会社各社で審査基準はそれぞれにありますが、お金を立替しても良いと判断されるかどうかです。

あなたも信頼できない基準にある知り合いに、お金を貸さないでしょう。クレジットカード会社もあなたと同じ想いでしょう。

電子マネーとは?

携帯が導入、ドコモiD決済から始まり、JCBのquick payが導入されました。2018年8月現在では様々な電子マネーが導入利用されています。

中国発、アリペイ(支付宝)も一部コンビニなどで導入されはじめ、日本発の電子マネーでない電子マネーも使用され始めています。

中国ではWeChat Payもよく利用されています。他の国でメインで使用されている電子マネーは、これからもどんどん日本に輸入されるでしょう。

あわせて読みたい
【実践者暴露!】個人事業主や創業間もない代表者が発行しやすい、ビジネスクレカベスト5こんにちは 振込しかできない取引先はできる限り、付き合わないようにしているビジネスオーナーのゆずきです。 なぜなら、仕入れや...
気になる記事
ビジネスクレジットカード

【個人事業主の個人審査で可能・ビジネス飛躍中の20名まで企業に最適】オリコビジネスゴールドカード審査基準・難易度からメリットとデメリットを解説

2018年6月4日
少人数経営対象のビジネスクレカを徹底比較しています。
こんにちは 数社の株式会社代表として活躍しているゆずきです。 50枚以上軽く存在する個人用クレジットカードと違って、法人 …